<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年9月29日(土)

 また1週間ぶりだ。

 今日は月半ばからだらだら続くお祭りの最終日、街のあちこちで道路が封鎖され外出しても身動きが取れないようなので家にいる。だらだらの休日。なかなかよろしいが、夜になって太鼓と花火とマイクで何かがなる声がうるさい。ところでどうも最近気持ちが荒んでいると思う。まだ夏の帰国から2ヶ月しか経っていないがもう外国の空気を吸いに出た方がいいような状態になっている。今年のディワリは11月で、あと1ヵ月半はタイにも行けない。タイでまた日本食を食べるのが今から待ち遠しい。

 今週は日本やシンガポールからお客さんがみえていたので帰りが遅くなることが多かった。仕事も忙しいがその合い間にいろんなことが起こる。それもひっくるめてインド暮らしの日常である。
 AC(エアコン)修理の続きである。今週また前にも書いた配管からの水漏れの件で、僕の仕事中に業者が来て(ヨメが応対)点検した結果、先週「分かりました修理します」と言っていたのから一転、これはACではなくソサエティ(つまりこのフラットのある建物)側の配管の問題だからACメンテ屋としては何もできないと言う。フラットにやってきた技術者は英語が全く通じないしヨメにしても(僕もだが)ヒンディができるわけでもないのでどうやって話すかというと、技術者が自分の会社に電話で事情を話し、会社のおっさんが仕事中の僕に英語で電話してくるんである。

おっさん 「これはAC側の問題ではない」
僕 「ACの問題だと言ってたろう」
おっさん 「これはソサエティの問題だから我々は修理しない」
僕 「あんたら修理できるのかできないのかはっきりしろ」
おっさん 「もちろん修理できる。いや修理できない」
僕 「意味が分からん。修理するのかしないのか」
おっさん 「修理しない」
僕 「こちらはソサエティから修理するように言われてるんだ。修理できるならしろ」
おっさん 「できない」
僕 「修理屋だろあんたら」
おっさん 「できない」
僕 「なんでできない」
おっさん 「これはソサエティ側に不具合があるからだ」
僕 「あんたら修理屋だろ。ソサエティが修理しろって言ってるんだ」
おっさん 「できない」
僕 「やれ」
おっさん 「やだ」

 もうブチキレ寸前である。ソサエティ側の問題であるにしても誰かが修理せねばならず、ソサエティが僕に修理するように言っている(担当者に直接言われた)のだから修理しなきゃしょうがないじゃないか。そして彼らは修理屋なんである。

僕 「じゃあ技術者に指示しろ。今からソサエティのオフィス(1階にある)に行って、これはソサエティ側の問題だからそちらで修理するようにと話をさせろ」
おっさん 「できない」
僕 「修理できない、話もできない。そんなアホな話があるか。話ぐらいしろ」
おっさん 「できない」
僕 「なぜ話すことすらできないのか」
おっさん 「できない」
僕 「なぜ話すらできないのかと聞いている。理由を言え」
おっさん 「これはソサエティ側に問題があるからだ」
僕 「だからその事実をソサエティに説明しに行け」
おっさん 「できない。We can't.」

 こういう不毛な会話をクソ忙しい仕事の最中に30分ぐらいするわけである。このおっさんは殆ど頭がおかしいと思う。
 少し考えて、ウチの会社のDさん(先日までそれなりに面倒を見てくれていたAさんが退職してしまったので)にお願いし、ソサエティ(まあ管理事務所と言っていい)から誰か人を今すぐ僕のフラットへ送ってもらうよう頼んだ。その上でまた頭のおかしいおっさんに電話し「今からソサエティの人間がフラットへ行くから、一緒に見ろ」と伝えると「それはいいな」という。15階から1階へ降りて話すことはできないと言い、15階でなら話すと言う。全く意味不明である。

 こんな調子で貴重な仕事時間をどんどん浪費し、出た結論は「AC側が悪いので修理する」である。時間を返せ。そもそもこの業者はいつも来るという約束の時間の2時間後が定時である。ふざけんな。とりあえず月曜日にまた来ることになっているがどうせひと悶着あるだろう。
 
 さてその他、ドラム式洗濯機から大量に水漏れし、一度修理した台所の水道の下の配管からまた水漏れがし、トイレの水が止まらなくなっただけのフツーの1週間だった。更に今週は娘を連れてインドで初の病院体験をしたが、それはまたいつか。明日書けたら書くけれどいろいろ所用のため難しいかもしれず。



 それにしても絶えず気を張っていないと日毎に足元から平和な日常が崩れ去って行く・・・そんな感慨を抱く1週間であったことだ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-30 01:35 | 日記

2012年9月22日(土)

 エアコン(こちらの人はACと呼ぶ)の修理がようやくできた。
 修理部品が入荷したとの連絡を木曜日に業者から受けて土曜日11:00に来るよう伝えておいたのだが案の定誰も来ず、今日行きますとの電話が11時半にあった。なぜ11時に来なかったのかと尋ねるとそれは聞いていなかったという。どうせ嘘をついているのだがどうでもいい。元より信用していないので。その電話で1時に行きますと言っていて1時過ぎに来たのでよしとする。来たのは前回とは別の兄ちゃんで少し英語ができたので助かった。修理には四苦八苦していたがどうにか部品交換を終え何度か配線をやり直してどうにか動くようになった。居間にクーラー戻る。まずはめでたい。その他に以前よりソサエティから指摘を受けている点が一つあって、子供部屋のACから出ている配管から水漏れしていて、それが下の階に滴下しているのだがその音がうるさい(??のかどうか知らんが)とかいう文句が出ていてその修理をするよう言われていたのだ。その件も当然のことながら業者には事前に伝えていたが、兄ちゃんはそれは聞いていないと言う。まあ予想通り、いつものインド品質サービスである。その件はまた別途来てもらうことにしてとりあえずはお終い。また今度。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-23 23:59 | 日記

2012年9月20日(木)

 昨日19日はガネーシャ祭の休日でほぼ1日家にいたが午後少しだけ娘と徒歩で外出した。この時期から9月いっぱいは街のあちこちから太鼓のリズムが聞こえてきて、これが少々うるさい。去年も書いた気がするが祭りといっても例えばねぶたや祇園の山鉾などと違ってそれ一つ(ずつ)しかない貴重なものが街を練り歩きそれを大勢の人が見物する、というようなものではない。簡単に言うと町内とかもっと狭い区画単位でそれぞれにガネーシャ(こちらの人の発音をカタカナにすると「ガネシュ」みたいな感じ)の像を用意し、それをトラックの荷台になど乗せてその周りを囃しながら歩くんである。見物型ではなく参加型である。そんな分類があるのかどうか知らんが。像の高さは小さなものでほんの50cmほど(手押しの荷車とか3輪トラックにちょこんと座る)、大きくなると3メートルぐらい(2トン車ぐらいの荷台にでんと座る)だろうか。おそらくムンバイ中に数千体の像があって、何の統一感もないままにそれぞれが好き好きにドコドコ太鼓を打ちながら歩き回るんである。お気に入りのパンジャビー・ドレスを着てそれを見たいという娘を連れて、近所に行列を探しに出たわけだ。幸いなことにすぐ近所で集団を見つけて近寄ってみた。

>狭い道をトラックが塞いでおり荷台にはガネーシャが鎮座している。(フェイスブックにも載せた写真)
a0234488_1471821.jpg



 そこでガネーシャ像をバックに娘の写真など撮っていると一人の青年がこっちへ来いと手招きする。どうやらもっと奥(トラックの前の方)へ入ってきて写真を撮れと言っているようだ。太鼓の音がうるさくて聞こえないしそもそも話しているのがヒンディなのでよく分からんのだけど。娘の手を引いてトラックの前まで出て道の端っこから見ると現場はそりゃあもううるさくて、皆踊り狂っている。じっと見てたら青年はお前も踊れという。で道の真ん中に引っ張り出されたがどうあって踊るのか全く分からん。適当に跳んだり撥ねたりしていればいいような感じだったがそれよりもせっかくの機会だから踊るインド人を撮ろうとカメラを頭上に突き出し、撮ってることを知らせるためにわざわざフラッシュを炊いたりする小細工もやってみたがとにかく撮ると皆大喜びである。おかげで楽しい写真を何枚か撮ることができた。

>これは動画からの切り出し。
a0234488_1483837.jpg



 さてあまりにもうるさかったからなのか、娘がすぐに「もう行こうよ」と言ってきたのでアリガトーとか適当に言いながらその場を離れた。
 しかしまだその時点でフラットを出てから30分ほどしか経っていない。そのまま帰るのもナンなのでもう1ヶ所ぐらい見れないかと思って少し歩くとまた10分ほどでとても小さな集団を見つけた。

 荷台のお兄さんに撮っていいかと身振りで聞くとOKだったので子供達の写真を撮った。赤い服の小さな女の子がレンズを食い入るように見つめていた。
a0234488_1494053.jpg




 ささやかではあるが娘は祭を体験し、僕は僕で去年よりは楽しむことができた(人にカメラを向けただけでも大きな進歩だ)。来年は一緒になって踊るのを目標にする(うそ)。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-21 01:55 | 日記

2012年9月18日(火)

 今日などE部長は自宅待機になっていたり、中国の日系人、日系企業は大変なことになっているようだ。早いところ沈静化すればいいんだが。

 さて上海の話の続きだがデモ騒動に当てられてしまい今更何書いても一緒、というちょっと投げやりな心持になってしまった。
 仕事の内容を公開するわけには行かないのでどうしてもメシの話になってしまう。1週間遅れになるが10日月曜日、昼は鼎泰豐(本店は台湾だけど)で小籠包、夜はE部長、I課長、今回直接お世話になった現地スタッフのJさん、Wさんと上海料理だった。上海料理は基本的に砂糖の甘さと醤油の辛さのミックスだ。川魚(名前は知らん)の揚げたのとか鶏蒸し焼きとか豚角煮とか田鰻の煮たの(珍しいなあ)とかなぜか麻婆豆腐とか、美味しくいただいた。ところでインドと中国の時差は2時間半である。微妙だ。旅先では眠りが浅いことがあるので日曜日の晩に以前成田空港で買った軽い導眠剤を飲んだ。そのせいなのかどうなのか頭の芯が今一つ覚醒していない感じを引き摺って1日を過ごしたので、食後にI課長が足マッサージでも、と誘ってくれたがホテルに戻ってさっさと寝てしまった。

 火曜日は日中外出した。昼はローカルの牛肉麺、夜は他の現地本社駐在員のエラい方々にも来ていただいて焼き鳥である。ここも美味かったなあ。日本対イラクのワールドカップサッカー予選をテレビ観戦しながら焼き鳥を食しレモンサワーなど飲んだ。サワーなんてインドには無いからビールを止めてサワーにしたのだ。サワー自体は大して美味くもなかったが何しろインドには無い貴重品なので。
 水曜日は昼に空港に入ってしまったので特に美味いものは食べなかった。というか空港で不味い肉入りそばを食べた。でもまあ大体のところ中国で体験した食には大満足である。

 ところで中国東方航空はよく遅れるのか?上海発の出発がまた来た時と同様に小一時間遅れ、そのため香港に降り立ったときには僕と僕の他に3名のインド人乗客の名前(ムンバイへ行く顧客)を書いた紙を持った兄ちゃんが待っていて急かされ急かされつつ乗り継ぎ便のチェックインをする羽目になってしまった。また到着ゲートから乗り継ぎカウンターまでが遠いんだ。延々歩かされて汗かいてしまった。免税店で洋酒の1本でも買って帰ろうかと思っていたのだがそんな時間も無かったのが残念だった。ただ1週間予定を遅らせていたら無事に仕事できたかどうか分からない。その意味ではラッキーだったと言うべきだろう。


a0234488_2302493.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-19 02:30 | 日記

2012年9月16日(日)

 ムンバイから上海、何とこの2つの商都を結ぶ直通便は無いのだ。と出張のためのフライトを検索していて初めて知った。

 またエントリーを1週間も空けてしまったが先週は前回書いた通り出張で上海へ向かうため日曜日つまり9日未明出発した。向かった中国とインドは政治的にはあまり国境線を巡るあれやこれやのせいであまり仲良しではないはずだが経済交流はどんどん進んでいるという。インド商人はとても実利に聡いというか、安けりゃいいじゃん、と輸入してしまうらしい。というのは数年前のとある本に書いてあったことなので只今現在は多少ルピー安などのせいでそれほど中国との貿易額は伸びていないのかもしれないが知らない。それはともかく、してみると中国は西の陸、南と東の海と周辺国と領土に関して揉めていることになる。中華思想が元々そういうものなのならばそのうちモンゴルや極東ロシアも中国領だと言い出すかもしれない。それもともかくとしてアジアの一千万都市どうしで直通便も飛んでいないのはどうだろう。そんな訳でルートは2つ、西都と香港のどちらで乗り換えるかの選択になる。そこで訪問先である我が社中国法人のE部長に訊くと西都はヤメとけば?とのことだったので香港にした。キャリアはCXキャセイパシフィック(香港)か9Wジェットエアウェイズ(インド)のどちらかになる。今回は9Wにした。というのはお馴染みYさんの「9Wの国際線は悪くない」との助言があったからで、実情は知らず乏しい経験から掴んだイメージでいうと確かに外国のキャリアはインド線には古い機体ばかり充てている気がする。それも機内でのインド人のお行儀の悪さや「そういうのに慣れてる」国の状況からすると頷ける話なのだがそれに乗る日本人は辛い。それに比べてインドの航空会社は国際線にどれもそこそこの機体を使う。そんなわけで9Wで香港、その後中国東方航空に乗り換えて上海へ、ということになった。インドの国際線出発は夜中ばっかである。いや昼間にもあるのかも知れないがタイも日本もシンガポールもヨーロッパも夜中にばかり飛び立つ。今回の香港便は9日(日)夜中1時発である。8日(土)の9時半に家を出て空港へ向かった。日付が変わった直後飛び立った機体は同日朝9時半に香港に着く。12時40分香港発、15時前に上海着、都合14時間の旅。実際には香港を飛び立つのが1時間弱遅れたので15時間ほどかかった。ちなみに9WはTGのムンバイ-バンコク便よりも綺麗な機体でちゃんと1席ごとに液晶モニターが付いていた。4年ぶりになる香港の空港ではラーメンを食べた。香港に赴任した2008年、僕はまだまだ今よりもっとアジア(だけじゃないけど)を知らず、香港といえばアジア的カオスの極致のようなイメージを持っていたものだが今思えば香港など天国に近い。そして上海。実はその昔シンセンに出張したことがあるだけで中国大陸の本格的大都市に行くのは今回が初めてだったのだ。何という都会。何と言う小奇麗さ。迎えに来てくれたI君、もとい今やI課長とともにタクシーでMasonというホテルへ。その後田子坊というところで土産やらを買い、E部長と合流して寿司!がってん寿司!!である。本マグロを食した。ヨメよ娘よすまぬ。ボタンエビに真イカも美味かった。ヨメよ娘よ許せ。偶然出張先に寿司屋があった幸運に恵まれた過ぎぬ。活タコもカンパチも〆サバも堪能した。ヨメよ娘よどうだ羨ましいだろ。さて腹が満たされたら黄埔江の外灘(バンド)を散歩である。上海は観光地やのう。ムンバイとは違うのう。綺麗なもんやのう。・・・似たような写真を沢山撮ってホテルに戻った。

a0234488_21415584.jpg


 ここ数日とは違いデモなど起こっておらず街は平穏(というかいつも通りなのだろうなあという雰囲気)だった。これが日曜日である。

>田子坊にて
a0234488_21432058.jpg






 ・・・続く?




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-16 21:50 | 日記

2012年9月8日(土)

 エアコン修理に関して業者との対応を任せている社員Aさんが水曜日朝に言ってきた。「今業者から電話がかかっていて、今からフラットに必要部品の確認に行きたいと言っているがどうするか」僕はヨメに確認したあと午後1時半までに作業が終わるならいいと返事した。「分かった。行くから」というのが返事だったようだが、案の定誰も来ないし連絡も無い。すっぽかしである。インド人は信じると裏切られる、と言った人がいるがこういう場合その言葉は正しい。信じてはいけない。なんて書くと冷酷な人間だと思われるかも知れないがそんなことはどうでもいい。インド人のいい加減さには本当に我慢ならない。「やる」と言うのは『そのとき「やる」と言いました』という以上の意味を持たないのである。減速しているとはいえ今もインドの経済発展には世界が注目し期待もしていると思うが、こういういい加減なマインドがある限りインドの成長には限界があると思う。結局信頼できないのだ。
 ・・・その後Aさんにはとりあえず土曜日の11時には来るようアレンジしてもらったのだが、今日13時を過ぎても来ない。もうしばらく待つ。待つしかないのがまた腹立たしい。


 今夜から出張に出る。行き先は珍しく中国。深夜便で出て明日の午後上海に入る。ブログはまた数日お休みすることになる(って最近ずっと数日おきにしか書いてないけど)。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-08 16:58 | 日記

2012年9月4日(火)

 昨日は午後から激しい雨となり、電車は止まり道路は冠水、寸断され帰宅時には地獄の大渋滞が起こっていた。

カメラは持っていなかったので自前の写真じゃなくニュースへのリンクを貼ることにする。


 まず会社を出ると道路が10-20㎝ほどの深さの川になっていた。電車は止まっていて午後7時になお降り続く豪雨のため道行くタクシーやリクシャーの台数も感覚的にいつもの3割程度であり、足の無くなったインド人社員を4人ばかり乗せて帰ることになったが、会社の割と近くで1人を降ろしてからが大変だった。会社を出て南に向かい最初に乗る高架道は南行き1車線、北行き2車線なのだがその途中で渋滞の列がほぼ動かない。道のずっと先で一旦高架は終了するのだがそのあたりで洪水が起きていることが懸念された。少ないながらも対向車線を来る車もあるのでほんの少しずつでも動くのだろうと思っていたら甘かった。歩行者もちらほら高架を北行きに歩いて来る。どうも少し先で一部腰まで浸かる水が来ているという。こりゃだめだ。対向車線を来るのは進むのを諦めたUターン組だったのだ。
 じりじり1時間も待ってしまったがついに我々もUターンすることにした。ところがインド人は全く車線を守らないので、北行き車線まで南に向かう車がはみ出していて正に戻るも地獄である。物凄く苛々したが、渋滞の列の中には自分の車から降りて「こっち寄れ」だの「待て」だの雨の中ご苦労さんなことに勝手に交通整理を始めるおっさんなどもいてどうやら脱出することができた。警察車両が一緒になって渋滞にハマっていたのは苦笑を禁じ得なかった。あんたらは止まってないで交通整理せんかい。
 Uターン後に取った別ルートがまた渋滞である。残り3人も乗っているインド人は楽しそうにひたすら喋っているがこっちはもうしんどい。2分間に車3台分ぐらい進むペースにもうなすすべもなく、少しうとうとと眠り、目を覚ましてもあまり変わっていない風景に泣きそうになりながらもどうにかフラットに辿り着いたのだった。通常なら30-40分の行程だが昨夜は3時間半かかった。可愛そうなのは運転手で僕を降ろしたその先更にインド人を送らねばならないのだった。

 昨年も豪雨は経験したがここまでひどいのは無かった。今年は全般的にモンスーンの降雨量が少なく農業が不調という話は聞いていて、もう少し降ってもいいのにと思わないではなかったのだがこれはちょっとひどかった。

 今朝会社でインド人と話すと今日も夕方から雨らしいと言われビビッたが小雨程度で済んだ。道は全く混んでおらずホッとした。帰宅すると居間のエアコンがついに手動スイッチONもできない状態になっていた。契約したメンテ屋は今週土曜日に来る予定である。「やはり部品が無いために来るのはいいがフィルター清掃だけして帰る」という悪目の予想が当たらないよう祈る。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-05 00:36 | 日記

2012年9月1日(土)


 9月にムンバイにもついに日本風(かどうかは不明だが)の居酒屋ができると聞いていて、もうすぐオープンだとかもうオープンしたんじゃないのかとかいろんな話を聞いた。それによると場所はBandra地区のKFCと同じビル、ということだったのでその向かいのモールに入っているGlobal Fusionというアジア料理バフェを予約し家族で行ってみた。
 とりあえずその店はOpening Shortlyだそうだ。美味い日本料理で幸せになりたいものである。


 ラーメン屋ができるという話も聞いたがどうなんだろう。


> 在住日本人は幸福の行方を気にしている。
a0234488_13192415.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-09-02 13:21 | 日記