<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年2月29日(水)

 かなり前に英語で苦労している話を書いた。それから数ヶ月経ち現状はどうかというと自慢じゃないが相変わらず英語は下手くそである。やっぱり苦労している。「そんなこと言っても現地で仕事してるんだからかなりできるんでしょ」と僻んだ英語が苦手のあなたは私の英語を聞いて深く安堵するであろう。確かに以前より多少進歩しているような気もする。ただしそれは自分の領域に限った話だ。言葉を覚えるのは覚えなきゃいけないシチュエーションにいる時なのであって、喋らなきゃ仕事できないのでしょうがないんである。そして残念ながら僕が仕事で使う言葉には限りがあるし、仕事を離れてみるとそれほど込み入った英語を聞くことも話すことも無い。うちはテレビも映らないからCNNも見ないし英語の本や新聞も読まない。だから時事問題をネタにするとかアメリカンジョーク(インディアンジョークか)を飛ばすとか全くできないし、これでもし英語ができるんだなんて言えるとしたら僕の日本語力など殆ど神の高みに達していると言って差し支えなくなるだろう。で実際にはそんな訳はないんである。
 またこのインドのこの職場でいくらペラペラ話せるようになったところで英国人米国人の話す英語が理解できるようになってはいないだろうし、僕の話す言葉もあまり英米人には理解されないだろうと少々危惧している。明らかに発音も、おそらく言い回しも語彙もインド独特のものがあるはずで、僕は日々それを分かるようになろうと苦労しているわけである。これはという具体例を書けない(なぜなら本当にどこがどう違っているか知らないからだ)ので申し訳ないがとりあえず僕は日々苦労してインド風の英語っぽい言語を話そうと努力しているとご理解いただければよい。ちなみにインド人の英語はrの音が巻き舌だとかどこかで読んだことがあるが僕の印象は少し違ってlとrの区別があまり無いように感じる。Birdはバード、Driverはドライバー、カタカナ読みの方が通じやすいように思う。またcheck it outとかhit it offみたいなイディオム(という用語で合っているだろうか?)はあまり使われていない気がする。例えば今ふと思い出したが最近覚えて使った言葉でcompromiseというのがある(なかなか苦しい言葉だ)が、これをclimb downとかcome around(たった今アルクのWEB辞書で調べただけだ。こんな言い方があるのか…)と言ってもあまり通用しない。と思う。だから多分やや文語調というか時に不自然な言葉を生真面目に使っていることがあるんではないかなあ。
 と半分は想像で書いている。

 外れていたらごめんなさい。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-03-01 02:23 | 日記