<   2011年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2011年11月25日(金)

 昨日24日は書きそびれたが、Hさん、YさんとGlobal Fusion(いつだったかの日記で一度登場したと思う)という多国籍料理の店へ行っていた。その帰りが異常に眠く到底フラットに戻ってから何か書くという訳には行かなかったのだ。
 
 今日は1日とある書類のチェック作業だけに没頭していていい加減疲れた。昼食はKFCへ買いに出たが、初めて買ってみたセットに付いていたタンドーリ風の焼き鳥(?)がえらく辛くて汗をかいた。セットはその焼き鳥と鶏のフライのハンバーガーとコーラである。夜は香港へ戻られるHさんを送って空港へ行ったが、その前に夕食を摂ろうと豪華ITCホテルへ寄ってまた骨付きの焼き鶏肉と鶏カレーを食べて鶏づくしの日であった。Hさんには美味しいと思っていただけたようで何よりだが、明日自炊するなら鶏肉はちょっと避けたいところだ。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-28 22:32 | 日記

2011年11月23日(水)

 朝からいつものように真面目に仕事していると最近登場する頻度の高いH氏が僕の席にやってきてサッと1枚の紙を差し出した。




 おお、会社が振り出した小切手よ。
 4か月分の給料、遂に私のものに。




 昼食前にYさんにご同行をお願いして銀行へ行った。受領した小切手から口座に落とす作業(Deposit)を教えてもらうためである。といってもこれは簡単でDeposit Slipの書き方さえ覚えれば(まだ覚えてないけど)後は窓口のおっさんにチェックとSlipを渡すだけだった。
 これで僕も口座を持つことができてそこにお給料が入ったことになる。
 
 苦節4か月。
 泣きそうだ。
 これで借金も近日中に返せるだろう。
 
 今日は香港から出張で来られたHさんとM社長と終業後シーフードレストランへ。海老食って満足した。帰宅して尿酸抑制ザイロリック錠を飲んだのは言うまでもない。




>子供。なぜかパンツを穿かずきょろきょろしていた。手ブレ。
a0234488_22274828.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-28 22:28 | 日記

2011年11月22日(火)

 午前中、財務担当H氏と一緒に再び銀行へ。いくつかの書類にサイン。






 口座ができた。






 まだATMカード(Cash&Debit)や会社からの給料のチェックを受け取っていないので実感はまだ湧かないが、それでも銀行口座が開いた。イニシャルキットというのか、チェックブック(小切手帳)とDeposit Book(口座にお金を入れるためのDeposit Slipという書類の綴り)と口座の説明書きとをもらって今日のところは終了した。






 うれしいな。






 とってもうれしいです!






 謎のテロリスト情報については追加で分かったことがある。
 まずパキスタンに行ったことがある人なのか頻繁に行く人なのか、判断基準はよく知らないが、とにかくある種パキと関係のある人はインドで銀行口座をもつことを制限される。これは実際そういう規則らしい。で、少し前のパキスタン大使の氏名の英字表記が僕と全く同じだった。これは今日銀行の兄ちゃんが言っていたことで、WEBでも確認できた。何というハタ迷惑な偶然か。東大出のキャリア外交官と間違われても何も嬉しくない。仕方ないけど。どうやらこのあたりに原因がありそうだ。なぜブラックリスト云々の話が湧いたか知らない。ただ兄ちゃんの説明によると同姓同名だがパスポートNoが違っていたため別人と判断できたとのことだ。ということはつまりどうやら僕の情報が盗まれていたわけではなく単に氏名から混同されかかったということのようで、話を聞いて深く深く深く深く安堵した。

 そのようなわけで、あと言うべきことはこれしかない。





 お給料をください。





 財務担当H氏は今日、明日にもチェックを切ってくれるという話だったが僕が午後所用で外出してしまったために今日のところは受け取りぞびれた。

 明日。いよいよ銀行に預金に行けるかどうか。ここに至っても「まだ何かあるんじゃないか」と思ってしまうのが悲しいが、いずれにしても数日のうちに見事「お給料がもらえる可能性がある」というのは、何というか実に感慨深い。苦節4か月。銀行の窓口の兄ちゃんの上司である姉ちゃんによると、名前印刷入りのチェックブックとCash/Debitカードが届くには5日~7日かかるということだったので多分実際には2週間だろう。いずれにしても年末に間に合って欲しい。




やれやれ。
遠い道程だった。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-24 22:11 | 日記

2011年11月21日(月)

 7時半の空港リムジンバス、12時10分のNH943便。
 赴任時と同じフライトだ。機内では頭がぐちゃぐちゃだった。やはり日本はいい。その日本を離れること。再び家族と離れること。今後の仕事への不安。インド暮らしへの不満、入国時にトラブルが起きないかどうか、どうすることもできない不安。機内で少し仕事もしたが身が入らなかった。ハリーポッターと死の秘宝2を見てシルシルミシルさんデーを見て、途中で寝てしまったがチャイコフスキーの「悲愴」を聴いて成田で買った東野圭吾の「夜明けの街で」を読んで、なんとか時間を潰してムンバイに到着した。
 入国審査前には日本のヨメとYさんに連絡した。これで明日出社しなければ捕まったということだ。・・・無事入国できて再び連絡。なんでこんなに緊張しなきゃいけないのか。ゴミの散乱するいつものムンバイを走りながら安堵と興奮と疲労の入り混じった複雑な気持ちを自覚した。



 家族よ、また年末に帰りたいと思っている。父は努力するぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-24 22:05 | 日記

2011年11月19日(土)~2011年11月20日(日)

 家族と過ごした2日間だった。
 土曜日は娘の通う小学校で音楽会なる催しがあり、歌やら演奏やら音楽劇やらが演じられ、娘のいる4年生はソーラン節と「島唄」という民謡チックな2曲を演奏した。他の学年は見ていないが上手い下手でなくてこういうのを聴くと和む。その後某駅前で家族揃って焼き肉ランチを食べてから買い物。今回は買い物ツアーの側面もあり、今インド生活で足りていない日用品や薬品それに一部食品などを買うのも週末の予定だった。
 日曜日は朝から娘と表でバドミントンで遊んだが、新しいことをやるときのいつものパターンで「うまくできない」と泣き始めた。

 娘よ。何回も何回もやらないと上手くなんかならないんだぞ。お前はそれを知っているはずだろう。またやろうな。次はもう少し上手にできるだろう。

 父と遊んでくれる時間はもうそれほどは残されてはいないだろう。それは寂しくも嬉しくもある。仕事を忘れて子どもと羽根を打ち合うなんていうのも貴重な時間だ。
 午後は立川の高島屋、これは鼎泰豊を意味する。早めの夕食に小龍包。ここはいつ食べても美味いねえ。

 そんなこんなでまったりと休日は暮れ行き1週間の日本滞在は終わった。本来の出張目的の他にあれもやろう、こんなこともしなければ、と仕事のことをいろいろと考えて帰国したのだが、実際には殆ど何もできなかった。まあそんなのもたまにはアリだろう。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-24 22:02 | 日記

2011年11月15日(火)~2011年11月18日(金)

 15日は朝9時頃成田に到着し昼過ぎに東京西部にある元の勤務先へ辿り着いた。成田は遠い。ちなみに今回の出張は一人ではなく我が部門長S氏と二人連れである。S氏は海外旅行に全く慣れておらずムンバイで出国カードを書くのに「通称じゃだめか、本名を書かないといけないか」と真顔で聞いてきたり、座席が離れていたので僕は全く気付かなかったが機内でもらう入国カードを全く書かずにイミグレを通ろうとして止められたりしていたがそれでもどうにかなるもんだ。
 火曜日の午後から水・木とミーティングをこなして金曜日の昼の便でS氏は帰国。僕は通院のあと出社し残務を少々。

 インド人との旅行で困るのは食事だ。S氏はベジタリアンではないがシーフードもあまり食べないので天丼もダメだった。毎日インド料理だと日本人が飽きるし。それでも日本の旧所属部署の皆さんには毎日店の手配もしていただきお付き合いいただいてとても助かった。感謝感謝。金曜日は元上司でもあるK課長以下技術者の皆さんが魚を食べに連れて行ってくれた。僕の都合で短めにお開きになってしまって申し訳なかったが食べ物は実に美味しかった。特に驚いたのは人生初の体験となる本ししゃもとホッケの刺身で、こんな食べ物があるとは思ってもみなかった。普段生魚など全くお目にかかれない生活をしている僕にとっては天国のような忘れ難い店となった。嬉しくなって弱いくせに普段は殆ど飲まない日本酒をお代わりして酔っぱらってしまった。また行きたいぞ。




>ししゃも。
a0234488_21572690.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-24 21:58 | 日記

2011年11月14日(月)

 実は2日後に日本で書いている。月曜日は一日資料作りと出張前にやっておきたかった仕事と。どちらも半端になってしまったが。5時にオフィスを出て空港へ。ANA便で日本へ。

 と書いてしまうと簡単な一日だったように思えてくるが実際には大変だった。
 ご存じの通りインドはパキスタンとある土地の領有権をめぐる緊張関係にあり、また3年前の大規模テロ犯もパキスタンと関係があったなどのことからまあ一言で言うと仲が悪いわけである。昼食後に銀行から電話があり妙なことを言う。どこからの情報なのか知らないが、僕と同姓同名の日本人がインドと仲の良くないパキスタンに出入りしておりブラックリストに載っている。このままではあんたに口座を作るわけには行かないかも知れないですと。
何だよそれ。それはオレじゃないぞ。パキに入国したことは一度も無い。なんで同姓同名の人物が?謎だ。パスポートを盗まれた経験もないし全く意味が分からない。一昨日に調査員の小さいおっさんが来たことを言うと「それはいい情報だ。早速調べる」と言っていたが、そのこともなんでまだ知らないんだよ。あんたサイドが調査委託したおっさんだろうに。しかしなんでこう次々と問題ばかり起き要らぬストレスに襲われてしまうのだろう。
 
 私はテロリストではありません。
 私はパキスタンに行ったことはありません。
 銀行口座のためならたとえパキスタン出張の業務命令が出ても背きます。
 
 更にその後M社長にも呼ばれて恐ろしいことを言われた。銀行はパキスタン云々のくだりをH氏にも連絡したようなのだが、H氏から話を聞いたM社長は僕に「あなた出国できるんかな」と言う。

 え?

 そうかつまりその情報が正式に政府からのものだった場合、ムンバイの空港のイミグレで拘束され、あらぬ疑いを掛けられ拘留され拷問され死んでいく可能性があるということか。万一のことがあれば弁護士を立てて対処すると言ってもらいはしたが、まさかと思いつつも空港では異常に緊張しイミグレの列の中ではひたすら「私はパキスタンに行ったことはありません」と言う練習を繰り返していた。笑いごとではなく本当に緊張したおかげで以前潰瘍を患った時のような胃の痛みが出てお腹は下るしもう最悪である。インドには勿論仕事で来ているのだがインドの大変さというのは仕事の成果が出るとか出ないとかそういう高い(というか当たり前の)次元のものではない。なんでこうなるんだよ。勘弁してくれよ。
 結果的には出国できたし、だからおそらくは入国もできるのだろうと今は思っている(強制送還されたりして・・・)が、それにしても銀行口座は本当にどうなってしまうんだろうか。そして万一にでも僕の偽造旅券が出回ったりしているとしたらどう対処すればいいんだろうか。全く冗談ではない。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-18 11:16 | 日記

2011年11月13日(日)

 今日の日記をいつアップすることになるのか分からない。大体いつも書いた日の2、3日後になってからというパターンが多いが、明晩から出張に出てしまうのと、昨夜から自宅での会社PCの無線ネット接続がどうもうまく行かないのとで、今日中に上げてしまおうと思っていたのがどうやら無理になってしまった。もう10回ぐらい書いた気がするが僕のフラットにはまだ自宅用のネット回線が引かれておらす、その原因はお給料がもらえないことと自前PCが吹っ飛んでしまったことにある。まだ修理できないの?とお思いの方もあるだろうが、まあインドでの物事の進捗はこんなもんだろう。給料をもらってPCを修理して、ネットとケーブルTVを引くこと、それからコンセントの形状を変換するプラグを買って休眠状態の食洗機を稼働させることが目下の私生活における課題である。業務上の課題は・・・これまた多すぎる。重いな。
  
 今日は(今日も)フラットに籠り、出張の準備。荷造りと資料作りと。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-18 10:54 | 日記

2011年11月12日(土)

 今日は娘の10回目の誕生日だ。電話すると今日はいつだかに描いた絵が市の展覧会で「佳作」になったとかでちょうど今日表彰状をもらったと喜んでいた。


娘よ。良かったな。それしか言うことないぞ。


 午前中、チャイムが鳴ったので出てみるとずだ袋を抱えた大柄なおっさんが現地語で何か言っていたが勿論全く分からないので「アイ・ドント・アンダスタンド、バイバイ」といってドアを閉めた。来週の出張に向けて仕事を少ししたがキリがない(んじゃ困るんだけど)ので昼過ぎに買い物に出ようとした。その前にシャワーを浴びようと素っ裸になったところでまたチャイムが鳴った。どうせまた意味分からんから出るのやめようと一瞬思ったが、まあ一応はということで脱いだTシャツとジャージをまた着て出てみると今度は小柄なおっさんが立っていた。僕の名前を確認すると「スタンダードチャータード銀行から来た」という。何と。また話が変わって僕がいる時に来ることになったのか。分からん。勤務先と電話番号を確認すると「オッケー、サー」という。調査ってこれだけかと少々不安になり「ホンマにこれでOK?」と聞いたらやはりもうこれでいいと言う。
 在宅してて良かった。これで来週、僕はその場にいない(日本なので)けれど口座が開けるぞ!ついに!!これはちょっと期待してもいいんじゃないか。

 ぬか喜びにならないことを切に願う。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-18 10:49 | 日記

2011年11月11日(金)

 今日は昼飯を食いそびれた。進まない仕事。嫌んなるねえ。一ついいことといえば来週日本へ出張することだ。火曜日に成田に着いて1週間。その準備がまだ出来ていないので週末は仕事だな。
 ちなみに財務担当H氏は「火曜日までに口座が開けないならあんたのところで口座は作らない。さいなら」と言ってくれたようだ。

 不動産屋の怪しいおっさん(久々登場である)から電話がありガスシリンダー(プロパンの小型タンクのようなもの)の件で部屋に入らせてもらったと言っていた。そのときマンションの訪問者がエントランスの警備員室で記入するタグがどうだこうだとか言っていたのが聞き取れなかったので、帰りに警備員室に寄ってみた。もともとあまりアテにはしていなかったが典型的なインド人のいい加減な応対だったので紹介しよう。
 警備員は英語が分からない。

私「1501のt-nakanobu2だ。今日誰か私を訪ねて来なかったか?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「1501のt-nakanobu2だ。誰か来たかと訊いている」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「1501のt-nakanobu2だ。来たのかどうなのか」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「分かってるのか?1501のt-nakanobu2だ。今日誰か私を訪ねて来なかったか?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作のあと紙を差し出す。
私:「ダレカキタカデンゴンナイカオシエロ」と書いて渡す。
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私:「読める?分かった?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作

 200%通じていない。そもそもなんとかして理解してお役に立ちましょうという気が無い。聞く気が無い。そういう場合は「虫(ハトとか鶏でもいいな)に話しかけてたオレが悪い」と思うしかない。その先の進め方としては、①英語の分かる人間を連れてこい、と何とかして伝える、②(長期展望を持って)ヒンディー語を学び始める、の2つが思い浮かぶが昨夜は「もういい」と一言言ってフラットに戻ってしまった。当初はこの種の対応にいちいち疲れていたが最近は少し慣れつつある。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-18 10:47 | 日記