<< 2012年9月1日(土) 2012年8月20日(月) >>

2012年8月26日(日)

 居間のエアコンの温度設定と風量調節ができなくなりそもそも起動するにもリモコンが効かず食卓に登って手を伸ばしメカ的にスイッチONしないといけなくなって2週間ほどが経った。のかどうか。もういつ何が壊れたのか覚えていない。このブログの読者にこれからインドで暮らす人がいたら忠告させていただきたいがインドでは何もかも正常に作動し順調にあるいは約束通りに事が運ぶことは殆どないので諦めが肝要だ。さてこのリモコン作動不良の件ではこの間何度か不動産屋とやり取りがあったが住み始めて僕も1年、というのを節目にエアコンのメンテナンス契約をしてくれと言われた。そんなもん聞いとらんが周辺のインド人に尋ねてみると割と一般的なものらしい。不動産屋の紹介してくれたメンテ業者の提示価格はエアコン1台につき年間2000ルピー、これが高いのか安いのか分からん。社内のインド人に相談すると総務系事務員であるAさんが業者との間に入って折衝してくれることになり、どうやら別の業者と1台1500ルピー+サービス税(12.36%)を支払うことで落ち着きそうだ。ただ契約書をいくら読んでもどのような不具合がカバーされるのか書かれていない。今抱えている不具合に対しても部品代が取られると言う。一体何が利点なのかイマイチ分からんがとりあえずそれほど高い金額でもないので入ってみる。と言ってるうちに何度目かの浄水器の修理時に設置された水圧系のメータが故障したのか時々ギギギギギと物凄い音を立てるようになり、客間付属の浴室の壁のヒビから蟻が出るようになった。浄水器は騙し騙し使うことになる。ヒビは今日壁用セメントを捏ねて自分で埋めた。

 娘が通っていたAndheri West地区の小さなバレエ教室は6月から長い夏休みに入っていたわけで8月になれば再開の連絡をすると言っていたにも関わらず何の連絡もなく、ヨメが同じ教室で学ぶ日本人生徒のママに聞いたところ先週末から再開していたようだと言う。こういう部分で「きちんとした(=日本では当たり前の)」ただ1本電話で状況を知らせる、といったことがインド人には出来ないことが非常に多くイライラする。さて再開した教室に昨日行ったが元いたインド人男性唯一のバレエダンサーだという触れ込みの先生がいなくなっていた。夏休み中に韓国のバレエ団への就職が決まりもう教室はヤメたそうだ。はいはい。ご勝手に。とりあえず今後8回分のレッスン代(別の先生による)は支払ったがぼちぼち次の教室を探さなければならない。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2012-08-26 23:35 | 日記
<< 2012年9月1日(土) 2012年8月20日(月) >>