<< 2011年11月12日(土) 2011年11月10日(木) >>

2011年11月11日(金)

 今日は昼飯を食いそびれた。進まない仕事。嫌んなるねえ。一ついいことといえば来週日本へ出張することだ。火曜日に成田に着いて1週間。その準備がまだ出来ていないので週末は仕事だな。
 ちなみに財務担当H氏は「火曜日までに口座が開けないならあんたのところで口座は作らない。さいなら」と言ってくれたようだ。

 不動産屋の怪しいおっさん(久々登場である)から電話がありガスシリンダー(プロパンの小型タンクのようなもの)の件で部屋に入らせてもらったと言っていた。そのときマンションの訪問者がエントランスの警備員室で記入するタグがどうだこうだとか言っていたのが聞き取れなかったので、帰りに警備員室に寄ってみた。もともとあまりアテにはしていなかったが典型的なインド人のいい加減な応対だったので紹介しよう。
 警備員は英語が分からない。

私「1501のt-nakanobu2だ。今日誰か私を訪ねて来なかったか?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「1501のt-nakanobu2だ。誰か来たかと訊いている」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「1501のt-nakanobu2だ。来たのかどうなのか」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私「分かってるのか?1501のt-nakanobu2だ。今日誰か私を訪ねて来なかったか?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作のあと紙を差し出す。
私:「ダレカキタカデンゴンナイカオシエロ」と書いて渡す。
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作
私:「読める?分かった?」
警備員:あいまいに首をヘラヘラ振って頷くような頷かないような動作

 200%通じていない。そもそもなんとかして理解してお役に立ちましょうという気が無い。聞く気が無い。そういう場合は「虫(ハトとか鶏でもいいな)に話しかけてたオレが悪い」と思うしかない。その先の進め方としては、①英語の分かる人間を連れてこい、と何とかして伝える、②(長期展望を持って)ヒンディー語を学び始める、の2つが思い浮かぶが昨夜は「もういい」と一言言ってフラットに戻ってしまった。当初はこの種の対応にいちいち疲れていたが最近は少し慣れつつある。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by t-nakanobu2 | 2011-11-18 10:47 | 日記
<< 2011年11月12日(土) 2011年11月10日(木) >>