2013年3月19日(火)



a0234488_27941.jpg


 上の写真はPALAIS ROYALEという。あれ。綴り合ってるかな。
 我がフラットから見える、建築中の巨大マンションである。僕の住むフラットは日本で言う37階建ての15階、一方このパレス・ロワイヤルは完成すると100階建てになるという。とんでもない大きさである。ムンバイ市街の不動産は高いし、ここ数年(10年以上か?)の日本と違ってどんどん値上がりしている。完成すると億ションになるらしい。
 ところでインドは何につけ時間を守らない人たちの国である。例えばインド赴任後数ヶ月経った2011年の11月頃、(うちは民生機材メーカーなので)サービスセンターを設置しようと物件を探して回っていたことがあった。30ほど見た。その中にとてもお高くて手が出ないがなかなかいいロケーションの、建築中の商業ビルがあった。我々が、お金さえ潤沢にあれば確保したいのにと思った一角は1階(こちらでいうGround Floor)で、まだ外壁もなく骨組にコンクリートが絡まっただけのような状態だったがそこの営業担当曰く、「お客様、来年3月までにサービスセンターをオープンさせたいと。分かりました。このビルの工事ももうすぐ終了、すぐにでも内装にかかれるようになりますよ」とか言っていた。

 そのビルは今も建設中である。借りなくてよかった。てか貸そうとするなよ。

 インドの面白いのは、建築は下から上へと進んでいくが、先に出来上がった下の階の契約をどんどん取ってしまい、そこは住んだりオフィスとして使用を始めたりするケースがあることだ。上の階がまだ建設中なのに。だから築何年とかいう言い方がよく分からない。いつから数えるんだろう。

 さてパレス・ロワイヤルだが僕が赴任して来た2011年8月には40階付近を造っていたと思う。今数えてみると60数階あるようだ。ということはざっくり言うと1年半で20階分高くなったということになる。このペースで行けばあと3年ほどあれば100階まで完成することになるが、その時点で下のほうの階はすでに築5年から6年ほどにはなっているんだろう。なかなかややこしい話である。新築だが築5年。というのはうまく行けば5年。うまく行かなければ、いくら営業が甘いこと言おうが6年、7年になっていることだろう。


 そんなわけで(どんなわけだ)転勤である。


 ここでパレス・ロワイヤルの完成を見ることはどうやらなくなった。
 3月末でインド駐在1年8ヶ月。短いようだが長かった。長いようでまあそんなに長くもない。OUT-OUTで次はシンガポールである。仕事上、インドとの縁が切れるわけではなく、今後もたびたび訪れることになるとは思うが、ここで一区切り。今月末に家族ともども移動する。家族はこちらへ来てまだ1年。ヨメはようやく慣れて来た頃、娘はいい友達に恵まれていたので少々残念だし申し訳ない気もする。

 でも行き先はシンガポールだぜぃ。

 混沌から秩序へ。物質的には「探しても無い」から「何でもある」へ。
 インドはいくつか我慢ならない点はあっても決して根本から嫌いなわけではなかった。ただどうにも疲れた。普通に暮らすのにやたらパワーの要る国なのだ。だから僕はシンガポールでふやけてしまうかもしれない。一度ふやけてみたいもんだ。一方で仕事は別のしんどさが伴うだろうがそれはいい。

 インドでは思えは家族で国内旅行にも殆ど行っていない。何とタージマハルにすら行っていないのは悔やまれる。ジャイプールやウダイプールにも行きたかったが仕方ない。僕自身は仕事でまた来るだろう。出張で来るのはそんなに先ではなく、ほんの2,3ヶ月後の話だろう。それから後も度々来るだろう。だからふと今住んでいるあたりを通りかかることがあれば、パレス・ロワイヤルが何階までできたか数えてみることを密かな楽しみにしよう。Mahesh Lunch Homeの蟹カレーやロブスター炒めをまた食べるのと同じぐらいに。

 明日FRROに出国書類を提出しに行く。またそこで一悶着あるかもしれないがもういいだろう。部屋にはそろそろ段ボールが積み上がり始めた。そういうわけで、もうバタバタしていてあまり更新できそうにもないし、このブログはここらでお終いにする。



 
・・・次の街でまたブログをやるかも知れません。なのでこれはこのまま置いといて(放置?)、いつか「シンガポール・ヒート」を始めたら、ここにお知らせを書こうと思います。これまでお付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。

 では。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by t-nakanobu2 | 2013-03-20 02:14 | 日記

2013年3月16日(土)

 泣けてきたのは年食って涙もろくなったことばかりが原因ではないのだが。
 今日は娘の通う日本人学校の卒業式だった。娘は卒業しないが3学期の終業式やこの3月で帰国される先生方の離任式なども続けてあったので列席させてもらったんである。今年の卒業生は6名の6年生と1名の中学3年生。小学生は帰国組、転居組、そのまま進学(日本人学校中学部へ)組に分かれる。中学生は日本のすんごい進学校に合格したそうだ。めでたい。
 日本人学校の卒業式には在校生はすべて出席する。小・中併せて30数名しかいないし、皆だいたい仲が良いのでみんなで送るのだ。低学年から皆で声を合わせて歌う校歌その他、調子っぱずれだがあまりにピュアな感情に溢れる元気な歌声を聴いていると泣けてきた。一人ひとりへの、声を合わせた送る言葉にも、震える声で思い出を語り感謝を述べる、帰国される先生の声にも泣けた。昔々の自分の卒業式では不思議なくらい悲しみなど湧かなかったが親になると違う感情を知るようだ。我が子のことでもないのにねえ。

 これで娘の5年生は終了した。いいクラスメイトに恵まれて良かった。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by t-nakanobu2 | 2013-03-17 02:01 | 日記

2013年3月10日(日)

 4日(月)夜の便でムンバイを発ち、火曜日から所用でシンガポールに行っていた。金曜日の夜に戻ったが風邪を引いてしまい昨日は薬を飲んでぼんやりしていた。今日も外出は控える。

 シンガポールは出張で3回ほど訪れたことがあったが、今回はインドから行ったということであまりのギャップに目が眩む思いだった。食べ物は美味しいし(高いけど)、街自体が近代的機能的都市の展示場のような国である。こりゃいいゾ。


>シンガポール・フライヤーからの眺めをジオラマ風写真で。
a0234488_14384759.jpg



シンガポールは暑かったが、戻ったムンバイも運転手によると37℃まで上がったとのこと。あーあ。イヤになるねえ・・・。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by t-nakanobu2 | 2013-03-10 14:45 | 日記

2013年3月2日(土)

 この1週間は特筆すべきこともなくインド的には平穏無事に過ぎている。
 今晩はヨメと娘は学校のお友達と会食、なので僕はM社長と2人でFour Seasons Hotelで夕食を摂った。ウィスキーサワーなる飲み物を2杯、先日Y駐在員とともに楽しんだ屋上のバーで嗜んだあと、Ground Floorのレストラン「San-Qi」でDim Sum や刺身、鮨を堪能。かなりお高いがすこぶる美味い。タマの経験としては悪くないだろう。エビの蒸し物などはなかなか得難いレベルにある。また中トロやイカも過去インドで食べた最高レベルにある。ビールも3本飲んですっかりいい気分である。


 さて今日はフリードリヒ・グルダ。
 今までグルダのディスクは数枚のベートーヴェンのディスクを聴いたことがあるだけだった(シュタイン/ウィーン・フィルと競演した4番のコンチェルトやいくつかのソナタは大好きだ)のだが、モーツァルトのコンチェルトがこんなに良いとは、と恥ずかしながら今頃認識した。痺れるのお。これまで名盤と言われるカーゾン、その他アシュケナージやハイドシェックなど聴いてきたがこのコンチェルトに限って言うならカッチョええぞ、すんごくイイぞグルダ。と酔った頭で書いてみる。貼り付けたのは第3楽章だが興味のある方は第1楽章からどうぞ。このK.466という曲は僕の中ではあらゆるクラシックの曲の中で最高傑作の一つである。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by t-nakanobu2 | 2013-03-03 02:14 | 日記

2013年2月24日(日)

全く気付いていなかったが、どうやら先週半ばにこれまでこのブログを訪問してくださった方の延べ人数が11,000名を超えていたようだ。・・・1万名様のときにこういった文言を書いた記憶がないな。

いずれにしても有難いことだ。今年に入ってサボり気味なのに。



どうもありがとうございます。



 昨日のうちに必要な食品の買い物は済ませていたし、風邪を引いていたヨメの体調もようやく戻りつつある中、今日は家族揃って全く外出せずフラットでゆっくりしようということになった。午前中は敷地内でちょっと走ったり。しかし体力ないなあ。ほんの軽いジョギングのはずだが体が重い重い。
 午後は読書。日本で買って来た藤沢周平の「用心棒」シリーズはもう読んでしまったし、その他いくつかの娯楽小説群もあらかた読み尽くし、残っているのは伊坂幸太郎「SOSの猿」と奥田英朗「無理」ぐらいだ。今は立花隆の「天皇と東大I」(文春文庫)をゆっくりめに読んでいる。明日からまた仕事、色々あって忙しいが先週のうちに懸案のうちの一つが7割方片付いたので少しほっとしている。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by t-nakanobu2 | 2013-02-25 01:09 | 日記